奈良県吉野町とアンバサダープロジェクトを開始 関係人口コミュニティによる地域活性化を推進

スキルを持った “旅人” に仕事を依頼できる求人サイト「SAGOJO」を運営する株式会社SAGOJO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新拓也、以下SAGOJO)は、2019年12月より包括連携協定を締結している奈良県吉野郡吉野町において「アンバサダープロジェクト」を開始します。本プロジェクトは、ふるさと納税の返礼品開発や地域イベントの企画といった施策に対し、全国の吉野町ファンがコミュニティの活動にオンラインで参加する仕組みを提供することで、昨今のコロナウイルス感染拡大のような環境においても新規関係人口を獲得し地域活性化に繋げていくものです。

▶︎ 吉野アンバサダーの募集記事はこちら
https://www.sagojo.link/work/show/639

SAGOJOのアンバサダープログラム「旅人ローカルコミュニティ」について
SAGOJOのアンバサダープログラム「旅人ローカルコミュニティ」とは、約20,000人にのぼる旅好きなSAGOJOユーザーの中で、地域や企業のコンセプトに共感しアクションしてくれるファンをコミュニティ化するプログラムです。SAGOJOは地域や企業からのコミュニティに対する情報発信やスムーズなコミュニケーションをサポートし、イベント実施・ファンへのインセンティブ付与などにより継続的な施策につながる熱量の維持・向上に取り組んでいます。
SAGOJOは2019年8月より本プログラムを開始し、現在までに北海道利尻郡利尻富士町、福島県双葉郡富岡町の2箇所で施策を行ってきました。両地域においては、豊かな観光資源のPR動画作成や新たな特産品開発など、多くのPR成果と関係人口創出に貢献してきました。この度の吉野町におけるプログラムは、「旅人ローカルコミュニティ」として3例目の取り組みとなります。

吉野町におけるアンバサダープログラムの特徴
吉野町のアンバサダープログラムでは、地域活性化のために活動するコミュニティ参加者は、吉野町に滞在していない状態でも積極的な活動を行うことができます。ふるさと納税の返礼品開発会議にオンラインで参加したり、吉野町から遠く離れた東京において吉野食材をテーマにしたイベントを行うといった取り組みが想定されます。
一方、SAGOJOと吉野町は2019年6月より「TENJIKU吉野」(詳細下述)を設置しており、オフラインにおける地域と旅人の繋がりを深めてきました。今回のプログラムでは、このようにオンライン・オフライン両面から関係人口の獲得・育成にアプローチすることで、地理的な制約や昨今のコロナウイルス感染拡大といった社会状況の影響を最小化し、持続可能で柔軟な施策の推進を行っていくことを意図しています。
 

SAGOJOと吉野町のあゆみ
SAGOJOと吉野町が2019年6月に開始した「地域のお手伝い」を行うことで旅人が無料で宿泊することができる地域拠点「TENJIKU吉野」は、地域のコミュニティスペースでもあるゲストハウス三奇楼を中心として、旅人が地域の方と触れ合い縁を深めることに貢献しています。現在までに、20,30代を中心として利用者は約40名、滞在は計100泊以上にのぼります。
今般のアンバサダープログラムは、TENJIKU開始時より見据えていた「地域のファンコミュニティ」を組織し、地域とより深い関わりを構築するための基盤とするための取り組みとして位置付けられます。これにより、継続的かつさらに熱量の高い関係人口を創出していくことを目指しています。


<すごい旅人求人サイト「SAGOJO」とは>

すごい旅人求人サイト「SAGOJO」(https://www.sagojo.link/)は、課題を持った企業や自治体(=クライアント)とスキルのある旅人をマッチングするWebサービスです。「現地の人との交流を通じ、生きた情報を集められる」「各地のおもしろいスポット情報に精通している」「ソトモノ目線で国・地域の魅力を発掘できる」といった、旅人の強みや特徴を活かした「旅人だからこそできる企画」を通して、旅人が企業・自治体のソリューションになります。
シゴトの種類は、記事執筆や写真・動画撮影、営業代行、SNSプロモーション、現地調査など様々。2020年4月現在、約20,000名の旅人が登録しており、企業や自治体のご依頼に合わせて最適な人材をご紹介します。

■ 株式会社SAGOJO 会社概要

会社名:株式会社SAGOJO
所在地:東京都渋谷区桜丘町30-4 渋谷アジアマンション202号室
代表者:代表取締役 新拓也
事業概要:すごい旅人求人サイト「SAGOJO(サゴジョー)」の開発・運営および、それに付随するコンテンツの制作・ディレクション・編集業務

© SAGOJO, Inc.