サスティナブル観光地100選に選出された岩手県釜石市の「地域の力を引き出す持続可能な観光地経営と『旅×学び』の最前線」についてオンライントークイベントを開催!〜第二部では長野県中野市の『旅×学び』の最新取組み事例を紹介〜

全国の地域事業者と旅/地域貢献に関心の高いユーザーをマッチングし、地域の「人手不足」を解消する株式会社SAGOJO(本社:東京都 品川区 代表取締役:新 拓也 以下「SAGOJO(サゴジョー)社」) は10月13日(木)10時からオンラインで、地域の来訪促進や観光地経営、観光SDGsに取り組む地方自治体の皆さまと関係メディアの方向けに、 ”サスティナブル観光地100選” に選出された岩手県釜石市の「地域の力を引き出す持続可能な観光地経営と『旅 × 学び』の最前線」についてオンライントークイベントを開催致します。第二部では、実際に『旅 × 学び』をテーマに長野県中野市で実施した、「中野市 ドローンスクール」の最新取り組み事例も紹介致します。

<第一部:岩手県釜石市で「震災復興/コロナ禍」を乗り越え、地域の力を引き出す持続可能な観光地 経営に取り組む「かまいしDMC社」の手法と『旅 × 学び』の最前線>

基幹産業の衰退や首都圏・都市部への人口流出の課題を抱え、東日本大震災では甚大な被害を受け た岩手県釜石市ですが、震災復興の実現を目指し、釜石市の観光新興ビジョン “釜石オープン・フィー ルド・ミュージアム” のコンセプトのもと、サスティナブル・ツーリズム(観光SDGs)に取り組み、2018年以 降5年連続で認証機関グリーン・デスティネーションズが定める “サスティナブルな観光地100選” に選 出されています。

第一部では、釜石市の観光地域づくり法人(DMO)として観光地経営/来訪者促進に取り組む株式会社かまいしDMC(本社:岩手県釜石市 代表取締役 河東英宜以下「かまいしDMC社」)の代表取締役 河東英宜氏と、釜石市の地方創生の戦略立案などを手がけた青森大学准教授・総務省地域力創造アド バイザー 石井 重成氏の2名にご登壇いただき、岩手県釜石市で「震災復興/コロナ禍」を乗り越え、 地域の力を引き出す持続可能な観光地経営に取り組む「かまいしDMC社」の手法と『旅 × 学び』の最前線について伺います。

<第二部:長野県中野市で『旅 × 学び』をテーマに実施した「中野市ドローンスクール」の最新取り組み 事例を紹介>
SAGOJO社は観光促進や移住/多拠点居住に関心の高い地方自治体や企業と、地域活性化に意欲を持つ全国にいる約24,000人のユーザーをマッチングさせるプラットフォーム “SAGOJO” を運営する企業です。10月20日(木)より、『旅 × 学び』をテーマに地域のファンを増やすサービス『SAGOJOスクール』をオープン致します。「SAGOJOスクール」では、地域資源を題材にした「旅 × 学び」のコンテンツを展開し、ユーザーが現地滞在をしながら受講、スキルアップをすることができます。また、ユーザーが地域情報をSNS等で発信することで、地域の魅力をPRできるだけでなく、地域と一歩踏み込んだ体験を 提供するため、地域のファンが増え、関係人口の拡大へと繋がります。

第二部では、実際に『旅 × 学び』をテーマに長野県中野市で先行実施した「中野市ドローンスクール」の最新取り組み事例について、長野県中野市役所 商工観光課にご登壇頂き、お話を伺います。

(参考URL)
中野市ドローンスクール https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000017738.html

<企画詳細>
日 時:10月13日(木)10時〜11時30分(オンライン開催)
司 会:株式会社SAGOJO 取締役 スガタカシ
第一部:岩手県釜石市の『地域の力を引き出す「持続可能」な観光地経営の最前線』
登壇者:株式会社かまいしDMC 代表取締役 河東英宜氏
青森大学准教授・総務省地域力創造アドバイザー 石井 重成氏
第二部:長野県中野市の “学ぶ旅” を切り口とした最新取り組み事例
登壇者:長野県中野市役所 商工観光課
申込先:https://forms.gle/Db2XZQXQ96GeSuZu6


<登壇者プロフィール>

株式会社かまいしDMC 代表取締役 河東英宜氏
釜石市出身。旅行系出版社を経て、2017年にパソナグループに転じ、New Value Creation Fund投資政策委員会にて地域創生事業に携わる傍ら、 観光地域づくり法人(DMO)である、株式会社かまいしDMCの制度設計を行い、2018年4 月にかまいしDMCを設立。



青森大学准教授・総務省地域力創造アドバイザー 石井 重成氏 
経営コンサルティング会社を経て、2012年より釜石市役所へ任期付職員として 参画。地方創生の戦略立案や官民パートナーシップを統括。半官半民の地域コーディ ネーター制度、グローバル金融機関と連携した次世代育成、広域連携による移住・創業支 援、ローカルSDGs等、人口減少時代の持続可能なまちづくりを推進。2021年4月より青森大学准教授。デジタル庁シェアリングエコノミー伝道師、一社)地域・人材共創機構代表 理事など。



株式会社SAGOJO 取締役 スガタカシ
大学卒業後、5年の会社員を経て、海外25ヶ国で50人以上の若者のくらしを取材するプロ ジェクトを敢行。フリーランス編集者を経て、2015年株式会社SAGOJOを 共同で創業。SAGOJOでは創業時から「旅人だからこそできるシゴト」をつくる 事業開発を担当。旅人の力を活用し、複数地域の活性化プロジェクトに携わる。 2022年より、関係人口創出プログラム「TENJIKU」、教育・体験事業 「SAGOJOスクール」の事業責任者。

<株式会社かまいしDMCについて>
かまいしDMCは、2018年4月に、震災復興の総仕上げを担う目的で設立された観光まちづくり会社(DMO)です。 DMO(Destination Management Organization)とは、「地域の『稼ぐ力』を引き出すとともに地域への誇りと愛着を醸成する『観光地経営』の視点に立った観光地域づくりの舵取り役」(観光庁HPより)と定義されており、かまいしDMC は、釜石市と地域の金融機関、商工会議所等が出資しております。現在はDMO業務のほか、市内4カ所の観光交流拠点施設の管理業務も担っています。2020年8月には、観光庁より「意欲とポテンシャルがあり、地域の観光資源の磨き上げや受入環境の整備等の着地整備を最優先に取り組む観光地域づくり法人」として、『重点支援DMO』の認定を受けた上、「世界の持続可能な観光地トップ100選」への釜石市の入賞を2018年以降、5年連続で牽引するなど、対外的にも高い評価を獲得しています。出典先: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000224.000001379.html

<株式会社SAGOJOについて>
株式会社SAGOJOは、「旅 × シゴト」をコンセプトに、観光促進や移住/関係人口の創出を目指す地域(地方自治体や企業など)と、地域活性化に貢献したい “旅人” をマッチングする 人材プラットフォーム『SAGOJO(サゴシ ゙ョー)』を運営する企業です。SAGOJOの “旅人” とは、旅や移住/多拠点居住に関心が高く、実際にその土地を訪れたり暮らしたりしながら、地域の活性化に貢献することに意欲を持つ登録者です。 22年7月末現在、全国から 約24,000人が登録しています。“旅人” は、外部からの目線を活かした地域の魅力の発信や、デジタル/クリエイ ティブ領域など、 その地域にはないスキルを活かした地域おこしへの協力を行います。 また、繁忙期の一次産業 など地域の人手不足の解消に携わることもあります。 さらに、「観光客」の枠を超え、地域を一緒に盛り上げる「仲 間」として関わることで、 地域の関係人口の創出にも寄与します。▷株式会社SAGOJOについて: https://corp.sagojo.link/




© SAGOJO, Inc.